日本電気株式会社、営業生産性の向上に向け「ナレッジワーク」を導入

「できる喜びが巡る日々を届ける」をミッションに掲げる株式会社ナレッジワーク(本社:東京都港区、CEO 麻野 耕司)は、日本電気株式会社(取締役 代表執行役社長 兼 CEO 森田 隆之)が、「みんなが売れる営業になる」セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を導入したことを発表します。

「ナレッジワーク」の導入により、営業資料や営業ノウハウがすぐに見つかり、使えるようになります。これにより、商談準備の時間を減らすとともに、商談の効果を高めることが可能です。

この度、 日本電気株式会社レジリエンス事業部門では営業生産性の向上に向けて、「ナレッジワーク」を 導入いただきました。

 

 

■導入にあたってのコメント ― 日本電気株式会社 レジリエンス事業部門レジリエンス営業統括部 統括部長 松永 慎二氏

『営業生産性の向上について、これまで以上に効率的かつ効果的な営業活動を、より高いレベルで行うことが求められる中、その他のツールでも、一定のナレッジ共有は図られているものの、大部分のナレッジは特定の個人に属した状態でした。欲しいナレッジを探すのに時間も手間も掛かる上、探しきれずに諦める事も多く、結果的に同じような資料を重複して作成する等の無駄が発生していました。

「ナレッジワーク」は他のツールでは実現できないカテゴリ検索や直感的なUIなど、メンバーが負担なく使い続けることができ、業務の効率化が進むと実感できました。また、ツール導入に向けたコンサルティングにより、社外の知見を注入できる事や、ナレッジワーク様と当社メンバー合同の定例会議の開催により、活動を継続しやすい点も導入の決め手となりました。』


■「ナレッジワーク」の概要:営業力強化や営業生産性向上を1つのツールで実現
「ナレッジワーク」は、セールスイネーブルメントの様々な要素を一つのツールで実現し、企業の営業生産性を向上させるクラウドサービスです。

具体的には、営業資料や営業ノウハウの共有、営業向けの学習プログラムの提供などが実現できます。


現在、営業DXといったテーマに取り組んでいらっしゃる大手企業・成長企業様にご導入いただき、専門性の高いコンサルタントの伴走により、改革・改善をご支援させていただいております。


一方で、日本企業の営業生産性は国際水準と比べても大変低い水準にあります。属人的な営業活動や非効率な商談準備がその原因となっています。

◆「ナレッジワーク」  サービスサイトURL

https://knowledgework.cloud

 

◆「ナレッジワーク」  資料請求URL

https://knowledgework.cloud/material

 

◆株式会社ナレッジワーク 概要

所在地:東京都港区西新橋1-1-1-10F

設立日 2020年3月18日

創業日 2020年4月1日

代表者:CEO 麻野 耕司

URL:https://kwork.studio

ナレッジワークの圧倒的な
ユーザビリティを体験