このような方におすすめ

下記のようなミッションを担う大手企業の営業責任者、営業企画、営業管理職の方々におすすめです。

・営業組織の成果や生産性向上
・営業DXや営業改革
・データドリブンな組織推進

セミナー内容

本セミナーは、即席麵におけるトップシェアを誇る日清食品が推進する営業変革をお伝えします。
ゲストスピーカーは同社で変革の推進役を務めるビジネスソリューション本部 副本部長 兼 ビジネスストラテジー部 部長 渡辺氏です。

今、日本企業の営業生産性は極めて低い状況にあります。ある調査によると、日本企業の営業ROI(投資利益率)は、ほぼ全業種で国際水準と比べて低いことが分かっており、また別の調査では企画職や技術職、事務職よりも仕事満足度のランキングは低くなっています。これらの営業生産性の低さや仕事の満足度の低さを生み出している営業手法を変えた、新しい営業手法が「NEW SALES」です。

日清食品では、スーパーなどの店舗を訪問し新製品を提案する営業を行っており、長年培ってきたブランド力と各営業の勘と経験に頼ってきました。ところがコロナ禍以降、これまでの営業手法が通用しない状況に陥り、営業変革を余儀なくされました。そこで着手したのが営業の意識改革と教育、そしてデジタル化です。

同社は約2年に渡る取り組みが評価され、「Forbes JAPAN NEW SALES OF THE YEAR 2023」にてクリエイティブストラテジー賞を受賞しています。
本セミナーでは、どのように変革をしていったのか、パネルディスカッション形式でその手法を伺います。

■「Forbes JAPAN NEW SALES OF THE YEAR 2023」とは
「Forbes JAPAN NEW SALES OF THE YEAR 2023」は、新しい時代に必要な営業活動である「NEW SALES」を実践しているエンタープライズ企業にスポットライトを当て、営業の新しい可能性に注目する機会として本年度より開催されました。審査では、「顧客志向に基づく営業力強化」、「組織力による営業活動」、「データやナレッジ、デジタルの活用」の3つを審査ポイントとして、企業としての生産性や個人としての満足度を向上させるための新時代の営業「NEW SALES」へ変革を起こしているかが評価されるものです。


開催概要

日時

2024年1月24日(水) 16:00-17:00
形式

オンライン

ビデオ会議ツール「ZOOM」を使用したウェビナー形式となります。
参加用のURLや接続方法は申込後にお送りいたします。

 

スピーカー

 日清食品株式会社
ビジネスソリューション本部
副本部長 兼 ビジネスストラテジー部 部長

渡辺 英樹 氏 

旅行代理店と電気機器メーカーの営業職を経て、2001年に日清食品株式会社に中途入社。現部署に至るまでに、営業とマーケティング、それぞれ7年の経験を持つ。2015年から現部署の前進である営業企画部に配属される。同部は組織改編により、担当領域が拡大され、現在のビジネスストラテジー部となる。現部署では、販売戦略に加え、組織・人材開発やBPM推進など日清食品の販売領域に関わる全ての業務推進に携わる。2020年慶応義塾大学大学院経営管理研究科でMBAを取得。

株式会社ナレッジワーク
執行役員 VP
カスタマーサクセス

高嶋 大生

2005年、早稲田大学政治経済学部卒業。2005年、株式会社リンクアンドモチベーション入社。グループ会社取締役、大手企業向けコンサルティング部門責任者等を務める。2022年、株式会社ナレッジワーク入社。カスタマーサクセスに従事。

このセミナーは終了しました。

ナレッジワークの圧倒的な
ユーザビリティを体験