logo

日本における市場は大きく変化しています。
①顧客市場:多くの市場は成熟化しており平均経済成長率は0.5%
②労働市場:労働人口推移は右肩下がり

これらにより、日本の営業組織では「人を増やして売上を伸ばす」というこれまで通じてきた勝ちパターンが崩れてきています。その中で日本の営業組織が目指すべき状態は、少ない人数で売上をつくることができる、営業生産性の高い組織なのです。

本資料では、営業生産性の高い組織を目指すにあたっての課題を4つの症例に分け、それぞれに対する対策を具体的な事例とともに解説します。

【資料内で解説している、日本の営業組織がかかっている4つの病】
1. 不要業務圧迫症(効率の悪い無駄な業務により、業務時間が圧迫)
2. 無益提案頻発症(提案の品質を意識できておらず、利益率や効率の低い提案が頻発)
3. 過剰役割疲弊症(幅広い役割設計により、個別の役割におけるパフォーマンスが低下)
4. 顧客奉仕狂酔症(利益の出ない営業赤字となる顧客であっても、取引や関係を維持)

是非ご一読ください。


無料の資料をダウンロードする

上記ボタンを押すことで、利用規約および、当社の提供するサービス等に関する情報を提供する目的で、株式会社ナレッジワークが上記から送信された個人情報を保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。個人情報の開示や削除依頼等のお問い合わせ先については、弊社のプライバシーポリシー をご覧ください。

ナレッジワークの圧倒的な
ユーザビリティを体験